飲食店を開業するならPOSの導入を|メリットは大きい

スーツの人達

開業のリスクを減らす方法

2人の女の人

独立して開業する時にフランチャイズに加入する事が人気になっており、フランチャイズに加入する事で、メリットが多いため評判が良いです。フランチャイズに加入する事で、知名度の高い名称やマークを使用する事ができますし、店舗の運営に集中する事ができるためオススメです。

もっと読む

海外で新事業を

ウーマン

海外市場を開拓するために、インドネシアで会社設立するのはとても良い選択です。そんな時には、専門業者の支援サービスを利用してみることをオススメします。インドネシアに詳しいスタッフのサポートを受けることができるため、スムーズに準備を進めることができます。

もっと読む

親日派の地で企業を

握手

インドネシアに会社設立をするには、法人税率が低いことを念頭に入れておきましょう。また、土地代や人件費も安いので、ランニングコストを抑えられます。インドネシアにおける起業を成功させるためには、現地のニーズを把握することが重要です。対象となる世代やサービス内容をしっかり考えておきましょう。

もっと読む

チェーン店の経営形態

オフィス

安心して開業

フランチャイズは、チェーン店の暖簾を買い取り自分で店舗を経営するスタイルです。独立志向が高まりサラリーマンから自分で店舗を経営することを考えている人も多くなっています。年功序列制度や終身雇用制度の終了に伴い、自分の生きる道を自分で築くことの重要性に気付いている人が多くなっている証でもあります。しかし独立して開業するのは簡単ではありません。そこで便利なスタイルがフランチャイズです。コンビニなどのチェーン店を自分で経営することです。一定のフランチャイズのロイヤリティを支払う必要はありますが、経営方針や運営方針は基本的に店主に任されます。自分の店の売り上げを拡大するための施策を自分で考える楽しみもあり、アルバイトや店員の採用まですべて行います。

双方にメリットがある

チェーン店の多くはフランチャイズ展開が行われています。その理由は固定資産にならないため本部としては税金などの対策になるからです。また店長という社員の立場では、売り上げの拡大の意欲も大きく望むことはできません。しかし自分で経営を行っている人が店長であれば、売り上げの拡大を大きく期待できるためです。希望者が入ればその分店舗を増加させることができるとともに一定のロイヤリティを収入源とすることができるため、本部にとってはこの展開のメリットは大きくなっているのです。店長側も独立することができるとともに、店のネームバリューを利用することができるため、新規独立開業よりも軌道に乗せることがスムーズなのです。双方に利益があるのがフランチャイズなのです。

負担を軽減する

チェーン店でのフランチャイズの中でも飲食店の数はとても多い傾向にあります。フランチャイズ加盟を行ない、飲食店を開業するのであればPOSシステムを利用しましょう。POSシステムを使用することによって、経営者側の負担を軽減してくれますので、より効率よく仕事ができます。